骨格診断ストレートタイプの男性に提案する、ジャケパンスタイル

投稿日: カテゴリー ストレートタイプ, 骨格診断

骨格診断ストレートタイプの男性に提案する、ジャケパンスタイルを紹介します。

 

骨格診断ストレートタイプの男性は、

  • 3ピースのスーツスタイルが得意!
  • カジュアルスタイルはTシャツにデニム

がおススメと言われています!

 

そんなストレートタイプの男性が特に困るのが、

ジャケパンスタイルのシーンではないでしょうか?

 

祝いの席や商談など、意外と使用頻度が高いジャケパンスタイルを、

 

骨格診断ストレートタイプの男性が注意すべきポイントを踏まえて紹介します!

 

1.ジャケットは厚手で丈夫な生地を選ぶ。

ジャケットは厚手で丈夫な生地感のものを選びましょう。

 

ジャケット:Lardini(https://strasburgo.co.jp/brand/lardini/

コットン素材のピークドラペルジャケット。

 

若干のリネン混ですが、厚みのあるしっかりとしたコットン素材です。何年着ても、ラペルのラインや立体的なVゾーンは、美しいジャケットの形を保っています。

 

胸板が厚く、ハリのある骨格診断ストレートタイプの男性にピッタリの素材です。

 

コットン素材のジャケットは、様々なブランドで展開されています。

一口にコットン素材のジャケットと言っても

  • 春夏素材か、秋冬素材か
  • 混紡されている素材
  • ブランドの縫製
  • ジャケットの形

などにより、素材感やフィッティングの違いは千差万別です!

 

やはり実際にお店に行って触れてみて、生地感を確認される事をオススメします!(出来れば試着も)

 

2.光沢のあるスラックスを、足首丈で履く!

パンツは光沢のあるコットンスラックスを選びましょう。

パンツ: EDIFICE (EDIFICE公式サイト)

 

骨格診断ストレートタイプの男性は、太ももの筋肉にボリュームが出やすい脚のラインをされています。

 

シワ感のある素材・柔らかい素材のものは、

太ももの肉感を拾い、ピチピチした窮屈な印象を与えてしまいます。

 

また、丈の長さはアンクル丈がオススメです。

骨格診断ストレートタイプの男性は、足首がとてもスッキリして細い方が多く、アンクル丈のスラックスがとても良く似合われます!

 

いかがでしたか?

骨格診断ストレートタイプの男性に提案するジャケパンスタイルについてご紹介していきました。

 

頻度の高いジャケパンスタイル。

素敵な男性は、いつでも自分に似合うジャケパンスタイルを知っています。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。