【保存版】男性の骨格診断3タイプ別、似合う白Tシャツの選び方

投稿日: カテゴリー 骨格診断

骨格診断3タイプ別似合う白Tシャツの選び方をご紹介していきます!

男性ファッションにおいて、自分に似合うTシャツは誰もが一度は探した事があるアイテムの一つのはず!

 

でもこれが意外と難しいことなんです。

 

Tシャツって肌着に近いので試着しづらいイメージですし、

基本のアイテムすぎて誰かに聞く事も気が引ける。

 

そんな白T(ティー)迷子の男性へ送る、

骨格診断3タイプ別、似合う白Tシャツの選び方を紹介していきます!

 

 

 

1.骨格診断ストレートタイプの男性に似合う白Tシャツ

骨格診断ストレートタイプの男性に似合う白Tシャツはこちらです。

骨格診断ストレートタイプの男性は、生地の厚さで選ぶ!

骨格診断ストレートタイプの男性は、身体に筋肉による厚みがあるため、厚手で丈夫なコットン生地が良く似合います。

それはもちろん白Tシャツも同じです。

骨格診断ストレートタイプの男性は、白Tシャツ一枚でスタイリングがキマってしまうとても羨ましい体を持っていらっしゃいます。

その羨ましい体の厚みを活かすには、着負けしない厚手の素材を選ぶのがベスト!

 

サイズ感は、ジャストサイズを意識する!

骨格診断ストレートタイプの男性のサイズ感や着丈は、「ジャストサイズ」がキーワード。

 

のポイントを抑えてみてください。

 

1.袖丈は、二の腕の中央で。

二の腕には上下の2つの関節をまたぐそれぞれ大きな筋肉が存在します。(三角筋と上腕二頭筋)

二の腕の中央部分は、その2つの筋肉がちょうど交差するような凹んだラインが出てきます。この部分で着ると、とてもスッキリしたスタイルに見えるのです。

筋肉が盛り上がった部分で袖丈が切れてしまうと、腕の筋肉が太く強調されやすいことがあります。

これを目安に、袖丈のジャストサイズを意識してみてください。

 

2.着丈は、腰骨の高さで。

これ以上短いと、体型を強調したサイズ感になってしまいます。

短すぎるとピチピチ感が出て、上半身の肉感を強調してしまいます。

 

ネックラインは、凹凸のないスッキリしたデザインを。

ストレートタイプの男性は胸板が厚く、ボリュームがあるから、無駄な凹凸は必要ありません。

 

ネックラインも、UネックもしくはVネックで、襟元のデザインも凹凸の無いスッキリしたものを選びましょう。

 

2.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合う白Tシャツ

骨格診断ウェーブタイプの男性は、生地の柔らかさで選ぶ!

骨格診断ウェーブタイプの男性は、体は薄く、ソフトな質感をしているため、柔らかい生地が良く似合います。

 

それはもちろん白Tシャツも同じ。

骨格診断ウェーブタイプの男性は、Tシャツ一枚でとってもエレガントに、まるで王子様のような華やかな雰囲気になれるのです。

逆に、サイズ感を間違えると、白Tシャツにさえも着負けして、体が泳いでしまうとても繊細なボディラインを持っています。

繊細でソフトなボディラインを覆う、柔らかい素材を選ぶことをおススメします。

 

 

サイズ感は、タイト、短めを意識する!

骨格診断ウェーブタイプの男性のサイズ感や着丈は、「タイト」「短め」がキーワード。

以下のポイントを抑えてみてください。

 

1.袖丈は、二の腕の中央より近い部分で。

白Tシャツの袖丈は、二の腕の中央部分よりも近い場所を目安にしてください。

袖丈をこの部分で着ると、なだらかで抑揚のない二の腕のラインにメリハリがつき、すっきりしたスタイルに見える効果があります。

 

 

2.着丈は、腰骨の高さより短めで。

これ以上長いと、薄く華奢な体型が浮いて野暮ったいサイズ感になってしまいます。骨格診断ウェーブタイプの男性は白Tシャツ一枚でも、着丈が長すぎると野暮ったくなってしまうことがあります。

 

 

ネックラインは、空きの少ないデザインを。

骨格診断ウェーブタイプの男性の胸元は、肩のフレームや胸の厚みもあまりなく、華奢な方が多いです。

深いネックラインでは、寂しい印象になりやすく空きの少ないUネックのデザインがオススメです。

 

さらに、襟元にアクセントがついたデザインならなお良いでしょう。

 

 

 

3.骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合う白Tシャツ

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性は、生地のシワ感で選ぶ!

骨格診断ナチュラルタイプの男性は、骨や関節の凹凸に調和する、シワ感のある生地が良く似合います。

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性は、そのフレーム感とドライな質感から、

Tシャツ一枚でワイルドな魅力を出せるとても羨ましい素質を持っていらっしゃいます。

 

 

サイズ感は、オーバーサイズを意識!

骨格診断ナチュラルタイプの男性のサイズ感や着丈は、「オーバーサイズ」がキーワード。

以下のポイントを抑えてみて下さい。

 

1.袖丈は、二の腕の半分以上で。

骨格診断ナチュラルタイプは、二の腕のラインも筋張った凹凸のラインが強く出ます。

短い袖丈では、その筋張った凹凸が強調され、一瞬で「肌着」の印象になってしまいます。

袖丈を長めに着ることで、Tシャツの袖のシルエットが一つのフレームに見え、二の腕の凹凸と調和する効果があります。

 

2.着丈は、腰骨を覆う長さで。

1と同様に、着丈も長いものが似合います。

腰骨が隠れるくらいの長さ、お尻が隠れるくらいの長さでも十分に着こなすことができます。

 

ネックラインは、凹凸のある丈夫なデザインを。

こちらはUNIQLOさんより発売された、UネックTシャツ。

(https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/414351-00)

着丈、袖丈ともにトレンドのオーバーサイズを踏襲しており、生地も厚く風合いのあるシワ感が特徴です。

 

4.まとめ

骨格診断で選ぶ、白Tシャツのポイントは

  • 生地
  • サイズ感
  • ネックライン

この3つのポイントを意識することでが大切です。

 

まだまだ暑い日々は続きます。

これから白Tシャツを買い足したいという方は、ぜひこれらのポイントを押さえて、

自分だけに似合う白Tシャツに出会ってみてください。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。